お盆などの帰省時に
夫の親や親せきに、手土産を渡しますよね。

滅多に合わないので、出来るだけ好印象を
与えたいものです。

そこで、感じのいい手土産の種類別での渡し方と
いつ、どのタイミングで渡すのか

また、手土産が入っている紙袋はどうするのか?など
ご紹介いたします。

スポンサーリンク

帰省時に夫の親へ感じの良い手土産の渡し方

手土産と言っても色んなものがあると思います。
「モノ」によって、ちょっとした心づかいが変わってきます。

また、いつ渡すかでも違ってくるものです。

 

感じの良い手土産を渡すタイミング

正式な、手土産の渡すタイミングは
部屋に通されて、挨拶を交わした
すぐ後になります。

玄関などで、軽く挨拶をすると思いますが
ここでは、渡しません。

 

ただし、玄関先で失礼する場合は違いますよ。

 

手土産のモノ別渡し方

 

【箱ものの場合】

箱入りのお菓子などをお渡しする場合は
紙袋に入っている場合は、紙袋から出します。

紙袋は、埃や汚れよけの役割があります。

なので、袋から出して渡し
手土産を渡した後に、たたんで持ち帰りましょう。

手土産の渡し方は
卒業証書を渡す時の校長先生のように渡します。

 

① まず、相手の目を見ます。
② モノを見て、方向を相手の方に回して向けます。
③ 相手の目を見て、渡します。

 

 

視線の順番が

相手の目→モノ→相手の目

 

最後に、もう一度相手の目を見る事で
余韻が残り、とても感じの良いものになります。

スポンサーリンク

「こころばかりですが」
「ほんの気持ちです」などと

一言添えて笑顔で渡しましょう。

 

昔はよく、「つまらないものですが」と言っていましたが
これは、謙遜してへりくだって言っていたのですが

「つまらないものを持ってきて」と、逆の意味で
取られることもあり、最近ではあまり使われなくなりました。

 

 

【花の場合】

花も、箱と渡し方は同じです。
相手の方に花が一番きれいに見えるようにわたしましょう。

視線の順番も同じです。

「とっても綺麗だったので」
「よろしければお部屋に飾ってください」
などと、一言添えましょう。

 

 

【アイスなど溶けるもの】

渡し方、視線は箱ものなどと同じです。
ただ、中身を相手に伝えましょう。

すぐ食べない場合など、溶けてしまったり
また、プリンやゼリーなど
冷蔵庫で冷やした方が美味しい場合などですね。

 

 

手土産の渡し方のまとめ

動作は、落ち着いて笑顔を忘れないように。
ちょっとくらい失敗しても
素敵な笑顔で、大体のことは大丈夫ですよ。

 

1.お中元のお返しは必要?夫の親戚へは?相場はいくら?

2.お中元やお歳暮は親や兄弟へは贈るべき?感謝の気持ちはこの日に!

3.初盆にお供え物をくれた人へのお返しは何?西日本ではのしに何と書く?

4.お彼岸の時期におはぎを食べるのは何故?ぼたもちとの違いは?

 

 

スポンサーリンク