新しい年を迎えるにあたり
邪気を払う意味で、節分の2月3日は
「豆まき」をします。

今では、イベントなんかも行われたり
幼稚園では、鬼を恐くないようにしたりなど
様々ですが、実はこの「鬼」色の意味があるんです。

また、鬼の本来の色など「鬼の色」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

節分で豆まき鬼の色で退治するものが違う?

節分では「鬼は外~っ!」と豆(魔目)・(魔滅)をまいて
邪悪な鬼を退治しますが

赤鬼や青鬼など、鬼には色があります。
実は、鬼の色によって
「退治されるもの」が違うんです。

 

色によって、乗り越えたい災いが違うんですね。

赤鬼:欲望

青鬼:憎しみ

黄鬼:後悔

緑鬼:病気

黒鬼:愚痴

 

なんだそうです。

鬼は、自分の中にいると言われています。
仏の心を持つ自分と、鬼の心を持つ自分。

自分の中の鬼の心は、破滅へと導いていきます。

 

節分では、自分の心の中を占めている
鬼の色を退治して、新しい年を幸せに過ごしていきましょう。

 

また、我が家では
昨年は、夫が不整脈など
体調をくずし、休みがちでした。

 

なので、夫の中の「病気の鬼」を退治しようと
緑の鬼のお面を作りました。

スポンサーリンク

 

緑の色紙を、ちぎり絵の様に貼り付けて。
それを夫に被せ、炒った大豆を食べさせました。

 

夫の中の病気の鬼を退治したのです。
きっと今年は、元気に過ごせるでしょう。

 

本来の鬼の色とは?

昔から「鬼」は存在し、物語の中でも
「邪悪なもの」として出てきます。

 

この鬼の色なんですが、現代の色とは少し
違うようなんです。

 

伝統的仏教美術の表現として青色は緑で
黒色は青で表現されることが多いんです。

 

そう言えば、新緑の山を見て「青々としている」
なんて、言っているのを思い出しました。
それと関係しているのかは、わかりませんが

 

不動尊の肌色は経典などでは「黒」とされますが
実際の仏画では青で画かれます。

 

“青鬼”と認識している図像も
本来は黒い鬼を表現しているものかもしれません。

 

ただ、“青色は黒で表現する”という約束事が忘れられて
青色の鬼と誤解しているのではと推測されるのです。。

 

豆まきする時間帯は?

節分の豆まきって、いつするものなのか。
昼間は、鬼はいないそうなんです。
お天道様の下では、悪いことができないんですね。

 

鬼は、夜間に出没するものなのです。

 

なので、豆まきは鬼が出てくる夜間にするのが
効果的なんだそうです。

 

みんなが見ている前では、悪い事って
出来ないですもんね。

 

魔が差すって言いますが
全部、人が見ていない時ですよね。

 

 

私も、ダイエットと言いながら
お菓子を食べるのは、夫が見ていない時
です。

私自身も肥満の鬼を退治しなくちゃいけないようです。

 

まとめ

あなたも、自分の中の鬼を退治して
幸せな年を迎えましょう。

 

スポンサーリンク