昔は高かった着物、今は全く着なくなって
捨てるのは、もったいないし

いっそ売っちゃおうかと
着物買取り業者に連絡。

着物の買取価格の相場ってどれくらい?
どんなものを買い取ってくれるの?
買取を選ぶ基準は?
スピード買取.jpの体験談をお伝えいたします。

 

 

スポンサーリンク

着物の買取価格の相場は?

大切な着物ですもん。
高かった着物ですもん。
母が買ってくれた着物ですもん。

どうせなら、少しでも高く売れてほしいですよね。
でも、買い取り業者も「買い取る基準」があるのです。

 

買い取ってくれる基準は?

基本、着物と帯がメインです。

長襦袢(ながじゅばん)、羽織、コートなどは買い取ってくれません。

着物とアンサンブルになった羽織は、買い取ってくれます。

ウール、子どもの着物(七五三用など)は、引き取りません。

また、喪服も買い取りません。

 

実は、私の喪服は未使用で
一旦、紫に染めた後に黒に染めるなどの工程を施し

普通の黒より深い黒などという
高級な喪服であったにも関わらず、買取り不可です。

 

理由は、家紋が入っているからだとか。
家紋を消す作業の方が大変だということです。

 

ただし、家紋が入っていても柄(がら)の良い着物なら
買い取ることもある。という事です。

買取の基準は、生地の良さではなく
柄の良さで、買取金額が決まるようです。

 

確かにそうですよね。
「需要があるかどうか?」なのです。

 

お客さんも、着物は生地で選ぶのではなく
柄で選ぶんですよね。

スポンサーリンク

 

なので、昔の古い柄などはあまり需要が無いので
買取不可か、買い取っても大した金額にならないのです。

 

スピード買取.jpの体験談

スピード買取.jpは、全国にあるようです。
うちは、北九州ですが担当の方は福岡から
来られました。
 

>>【スピード買取.jp】



 

初めは、スピード買取.jpの委託業者かな?と
思ったのですが、違うようです。

 

担当者の方は、慣れた手つきで
一枚一枚見ていき、買い取れるものだけ
スマホで写真を写します。

 

そして、本社へ着物の写メを送るのです。
受け取った写メは、販売係の方達が

 

「いくらなら売れる」と、一枚一枚に対し
コメントを入れてくれるようです。

 

その「いくらなら売れる」という金額が決まったら
本社が買取り金額を決定し、担当者へメールを送ります。

 

 

買取金額を担当者が決めない理由

実際に、着物を見た担当者(査定士)が買取金額を
決めるのかと思ったのですが
そうでは、ないのですね。

 

その理由は、その着物の金額を統一させるためだとか。
同じ着物を福岡で、査定しても
大阪で査定しても同じ金額になるようにするためなのです。

 

 

実際に決まった着物の査定額は?

20着くらいある着物の中で
実際に買取可能の着物は

 

上村松園の振袖、色留め袖、色無地
辻ヶ花(つじがはな)の絞りの付け下げ、帯3本でした。

 

査定の結果は、全部で5,000円です。
福岡支店が出した査定額は、0円
大阪支店が出した査定額は、3,000円
東京本社が出した査定額は、5,000円だったのです。

結果、一番高額の査定額が採用され5,000円となったのです。
 

>>【スピード買取.jp】



 

着物の買取のまとめ

査定額の5000円ですが
いらないモノだから、5,000円でもお金になってラッキーと
思うものなのか?

 

あんなに高かった着物なのに、5,000円じゃあ売れないよ!と
思うものなのかは、あなた次第ですね。

 

 

スポンサーリンク