ソレマルで放送された
甘さ引き立つビーフカレーの作り方を真似して
実際にビーフカレーを作ってみました。

このビーフカレーの格上げワザは
本当に美味しくできました。

是非、いつもと違うビーフカレーを作って
料理上手になりましょう。

 

スポンサーリンク

ソレマルの美味しいビーフカレーを作る裏ワザ

普通、私達がやってきたことは
まず、玉ねぎをアメ色になるまで炒めると
言う事をやっていました。

しかし、玉ねぎをアメ色に炒めても
香ばしくは、なりますが
100パーセントの甘みを引き出せるわけじゃないのです。

 

玉ねぎの甘さを際立つようにし
格上げビーフカレーを作るには
玉ねぎの薄皮をむき

 

切らずに、まるごと30分煮る

 

これがポイントです。

 

3分の2ぐらい浸かるぐらいの水にタマネギを入れ
私も実際に玉ねぎを丸ごと30分煮ました。

 

タマネギに含まれる硫化アリルという辛味成分が
加熱されることによって甘み成分に変わるのです。

 

熱を加える前に切ってしまうと、硫化アリルが出てしまうので
甘くなくなってしまうのです。

 

なので、丸ごと煮て加熱するのですね。
硫化アリルを加熱すると、砂糖の10倍甘くなると言われています。

 

30分経ったら、玉ねぎを取り出して乱切りにする。
ちょっと切りにくかったです。

スポンサーリンク

 

そして、玉ねぎを煮た水で
角切り肉と一緒に玉ねぎの出汁で煮る

 

カレーのルウを溶かして完成です。
いつもと同じカレーのルウを使いましたが
本当に甘かったです。

 

美味しいカレーが出来ました。

 

 

ソレマルの美味しい中華カレーを作る裏ワザ

「番組を見たらすぐできる」という中華カレーの
時短レシピを作ってみました。

 

煮込まなくてもコクと甘みのあるカレーが出来るのです。

 

材料は、玉ねぎと角切り肉
作り方は、玉ねぎを薄切りにし、さっと炒める

 

筋切りをして、酒に浸けた角切り肉を炒め
火が通ったらルウを溶かす。

 

ここで、甘酒を入れるのです。

 

ちょうど冷蔵庫の中にあったので

試してみます。

 

 

ルウの中に入れて、カレーと馴染めば完成です。
時短中華風カレーの出来上がり。

 

でも、私はちょっとビーフカレーの事を思い出し
玉ねぎは、丸ごと煮ました。

 

出来上がりは、コクがある気がしました。
美味しかったですよ。

 

甘酒の味は、全くしなかったです。
次は、シーフードカレーを作ってみたいと思います。

 

 

カレーのまとめ

ちょっとひと手間で
かなり美味しくなるのだなぁと、思いました。
是非、作ってみましょう。

 

スポンサーリンク