よく、ペットボトルでお茶やジュースを飲んだ後
全部飲めない事がありますよね?

そんな時、次の日に飲んでも
大丈夫なのでしょうか?

食中毒の心配はないのでしょうか?
また、冷蔵庫で保管する場合は

どうでしょうか?
お伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

前日のペットボトルの飲み残しは食中毒になる?

ペットボトルを一度開封したら
酸化が始まってきます。

また、口飲みした場合は
そこから細菌が増殖していきます。

 

食中毒までには、ならないかもしれませんが
飲み物の種類によっては
食中毒になりやすいものもあります。

いっぱい残っていたら、もったいないと思い

つい、飲んでしまいますよね。

 

ペットボトルの未開封のものとの細菌の差

 

【お茶の場合

25~35℃で13時間経過の場合
未開封のものは細菌の数は30個以下です。
しかし、口をつけたものの
細菌の数は110個に増殖します。

しかし、この細菌の数は
お腹を壊す程ではありません。

 

【コーヒーの場合】

スポンサーリンク

コーヒーなどの乳飲料の場合は
未開封の最近の数は30個以下ですが
口を付けた場合は細菌数25万4000個に
増殖してしまいます。

これは、ちょっと危ないですね。

 

前日の飲み残したペットボトルの飲み物
特に、菌は甘い糖分などを栄養分とするのです。

 

なので、「もったいない」と思わずに

前日の飲み残しは、捨てるようにしましょう。

特に、子供には飲ませたくないものです。

そのまま置いておいて

子供が飲んでしまう事もあるかもしれません。

 

前日の飲み残しのペットボトル冷蔵庫では?

冬だとか冷蔵庫だとかの過信はよくありません。

もっとも、食中毒になる確率は低いのですが
一度、口を付けたペットボトルは
必ず細菌が増殖します。

少しでも、細菌が発生したものは

口にしたくないですよね。

 

まとめ

口をつけたペットボトルは、その日のうちに
飲み干すようにしましょう。

残したものは、処分するようにしましょう。

 

スポンサーリンク