福岡と山口の2県をまたぐ花火大会
第30回の節目を迎える今年は
例年に増して、豪華な2会場の
花火の競演を楽しむことができます。

2017年関門海峡花火大会の日程と見どころや
おすすめスポット、そして
渋滞具合などをお伝えします。

 

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2017日程と見どころ

2017年の関門海峡花火大会の日程は
8月13日、19:50~20:40までです。
19:40~19:50までは、開会式が行われます。

 

門司会場での見どころ

尺玉100連発!
門司会場では、直径約300mの尺玉がなんと
100発連続で打ち上げられます。
空いっぱいに広がる花火に感動です。

 

下関会場での見どころ

一尺半玉の大玉花火が海峡の夜空に
打ち上げられます。
門司会場からは、ライトアップされた
海峡ゆめタワーとの競演も楽しめます。

 

関門海峡花火大会おすすめスポット

有料の特別協賛席は、6月1日から予約を受け付け
残席、わずかとなっているようです。
ゆっくり、一番いい所で見たい場合は
HPより、確認の上予約をした方がいいかもしれません。

 

今回は、それ以外のビュースポットを
ご紹介します。

スポンサーリンク

 

門司側のビュースポット

門司港レトロ展望室からの花火鑑賞は格別です。
門司港レトロ地区はビュースポットですが
人は、かなり多いです。
関門海峡に突き出た企救(きく)半島の先端にある
風師山展望台からもでも見ることができます。
混雑を避けたい場合は、門司港より少し小倉よりの
赤坂海岸からも見ることができます。

 

関門海峡花火大会車だと渋滞する?

17:00~24:00にかけて、会場周辺道路は
大規模な交通規制が実施されます。
すごく混雑するので
立ち止まっての観覧は厳禁となっています。

 

100万人もの人たちが見に来る花火大会なので
ちょっと気軽に立ち寄るのは、無理です。
お昼過ぎから、周辺は大混雑です。

 

駐車場は、まず無いと思っておいた方がいいです。
できるだけ、交通機関を使いましょう。

 

JR門司港駅から会場まで、歩いてもわずかです。
小倉に駐車し、JRで門司港まで行くと
いいかもしれませんね。
しかし、帰りは駅周辺も大混雑しますので
一足早めに、移動した方がいいかもしれません。

 

まとめ

雨天決行ですが、荒天の場合は中止です。
せっかくですので、晴れたらいいですね。

スポンサーリンク