九州にあの「大江戸温泉物語」が
長崎に続き、大分県別府市にも
2017年7月28日にオープンします!

大江戸温泉物語とは、どんな温泉なのか?
アクセスと、近くにある
立ち寄りおすすめスポットを
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

九州別府に大江戸温泉物語がオープン!

東京お台場の大江戸温泉物語は
日本初の温泉テーマパークとして
江戸開府400年にあたる2003年3月1日に開業されました。

「江戸の町」を都心に再現した温泉施設で
昔の江戸で親しまれた遊技もでき

江戸時代にタイムスリップすることをテーマとし
館内では、貸し出し用の
種類豊富な浴衣に着替えて過ごします。

 

子供から大人まで、家族みんなで楽しめますね。

 

そんな「大江戸温泉物語」が九州にもオープンします。
長崎に続いて、おんせん県で有名な
大分県別府市のホテル清風
「大江戸温泉物語」と、なります。

 

ホテル清風のおすすめどころ

ホテル清風は、義父の法事の帰りに
みんなで一泊しました。

温泉大好きな私は、宿泊中
何度も温泉に入りました。

 

中でもおすすめは
展望露天風呂です。

 

別府湾に面したホテル清風は
露天風呂が、海とつながっているような
感覚で、お風呂に入れるのです。

 

それに、展望露天風呂からは
朝日が水平線から昇る所が見れるので
宿泊の際は、是非日の出の時刻を
チェックしておきましょう。

 

朝日が昇るところを
お風呂から眺めるなんて
とっても素敵ですよね。

 

ホテル清風での体験談

私は、自動車事故のむち打ちで
肩がパンパンにはり、痛くて
辛い日々を過ごしていました。

スポンサーリンク

近くの温泉で、温めてみたり
整骨院は、3件回っていました。

でも、なかなか治らず
下や上を向くのが
とっても辛かったです。

そんな時、義父の七回忌の法事の帰りに
みんなで、「ホテル清風」に
宿泊したのです。

別府のお湯はいいと、よく聞くので
何度も入りました。

 

そのせいなのかどうかは
定かではないのだけれど
ホテルを出て、帰りの車の中で
ビックリするくらい
スキッと、肩が軽くなったのを
感じたのです。

 

たった、1泊で
長年、痛かった肩と首が
こんなにあっさりと改善するなんて
正直、信じられません。
今でも、不思議に思うのです。

 

しかし、確実に「ホテル清風」からの
帰りに、スッキリと肩が改善されたのです。

それから私は、別府の温泉の
大ファンになりました。

 

そんな「ホテル清風」が
大江戸温泉物語としてリニューアルされるので
とっても楽しみにしています。

 

ホテル清風へのアクセス

場所:〒874-0920 大分県別府市北浜2丁目12-21
電話:0570-050-268

【自動車の場合】
別府ICより詳細
大分自動車道別府ICより九州横断道路経由
国道10号線を別府駅方面へ直進、15分。
季節交通情報
・大分県年間平均雪日量9,8日。積雪量が多い日は
別府IC付近での冬用タイヤが必要。
・別府IC~湯布院IC間での霧による一時的な
通行止めが、年間を通じ多い。
 
 

★別府温泉の詳しい情報はこちら★
 

【電車の場合】
別府駅から徒歩約10分
タクシー約5分1メーター
送迎バス:事前予約制
往路・復路共に 9:00~18:00
区間 別府駅前 ⇔ 大江戸温泉物語 別府
※宿泊の人のみご利用可
 

 

まとめ

九州のおんせん県別府の
大江戸温泉物語清風へ
家族みんなで行ってみたいですね。

 

スポンサーリンク