旅行の準備から旅行が始まっていると
言われるくらい
旅の準備も楽しいものです。

最近は、小旅行でも
ラクな事から、ボストンバック等ではなく
キャリーバックでの旅行が増えています。

では、キャリーバックへの
荷物の詰め方、服の詰め方
また、パッキング術をご紹介します。

 

スポンサーリンク

キャリーバックの服の詰め方のコツは?

Tシャツなどの衣類や小さなタオル類は
折りたたむとかさ張るので

丸められるものは、クルクル巻いて
他の荷物の隙間や、外側に詰めると
クッション代わりにもなります。

また、折りジワが付かないのでいいですね。

 

 

キャリーバックの荷物の詰め方は?

小物類は、バックの中で迷子になりやすいので
透明のジプロックのような
ジッパー付の袋に入れると

中が見えるし、バラバラになるずに済むし
出し入れがしやすくなるので便利です。

または、洗濯ネットも中が見えるので
いいかもしれません。

 

 

キャリーバックのパッキング術

左右に大きく開くキャリーバックは
パッキングしやすいのも魅力です。

 

パッキングの手順

① 荷物リストを作る

② 持って行くものを厳選する

スポンサーリンク

③ ジャンル別にまとめる

④ 実際に詰める

 

重い物は下に入れる

キャリーバックのカギが付いている方は、底側
反対は、フタ側

キャスターが付いている方が、下なので
キャスターの方に重い物を入れる。

 

パッキングをする際は
洋服、下着、美容グッズ持ち物を大まかに分けて

袋にまとめられるものは、まとめる。

 

重い物をを下(キャスター側)に入れることで
全体が安定し、持ち運びがしやすくなります。

 

また、キャリーバックを開いた時
底側(カギが付いている方)に重い物
フタ側に、軽い物を入れます。
 
 

 

まとめ

お土産などで、帰りの荷物が多くなることを
考慮して、出発前の荷造りは

ギュウギュウ詰めにしない事がコツです。

できるだけ、スペースを確保するように
余裕を持たせましょう。

 

スポンサーリンク