学校行事で、一番のお楽しみである修学旅行。
そんな修学旅行でかかせないのが
バッグですね。

中学生女子が修学旅行に持っていく
おすすめキャリーバッグと
選び方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

キャリーバッグのおすすめは?

学校によっては、キャリーバックを
禁じている所もありますが
そうでない所では、大人気のようです。

 

やっぱり、コロコロひっぱっていけるので
肩にかけたり、持ったりするよりラクだということと
おしゃれな感じが、女子には魅力的なようです。

 

また、移動時にバックを持って歩く距離が長ければ
キャリーバックが絶対ラクですね。

 

私は、最近沖縄に2泊3日で社内旅行に行ったのですが
みんなキャリーバッグを持つ中
私だけボストンバッグを持って行ったんです。

みんなは、涼しい顔でコロコロと重い荷物を運び
私だけ肩が外れそうに痛くて重くて、最悪でした。

 

2泊3日分の着替えや荷物と言えば
量も多くなるので、キャリーバックだと
整理もしやすいと思います。

 

お土産を入れても、十分収まるのでは
ないでしょうか?

 

荷物も最低限にするのをおすすめしますが
実のところ、2泊3日も3泊4日も、

荷物の量はそんなに変わりません。
つまり短くても要る物は要るのです。

 

特に女の子なら、必要なモノいっぱいありますよね?

 

 

キャリーバックの選び方

キャリーバックの大きさは?

40リットル~55リットルの容量が入る
サイズのキャリーバックをおすすめします。

 

帰りはお土産などで、荷物が増えることが多いし、
いくつも袋を持つのは大変なので
あまり小さいものを選ぶと
役に立たなくなるかもしれません。

 

キャリーバッグなら、修学旅行だけで使うのではなく
先々でも使う事になるかもしれません。
もしかしたら家族も使うかもしれません。。

 

そのことを考えると機内にも持ち込めるサイズを選ぶことを
おすすめします。

機内に持ち込めるキャリーバッグは
航空機の座席数によって異なります。

 

✅ 座席数100席以上の場合

縦横高さの合計 115cm以内

縦55cm以内、高さ40cm以内、奥行き25cm以内、重量10kg以内

 

✅    座席数100席未満の場合

スポンサーリンク

縦横高さの合計 100cm以内

内訳は、縦45cm以内、高さ35cm以内、奥行き20cm以内、重量10kg以内

座席数100席未満の「100cm以内」を購入しておくことをおすすめします。

 

機内に持ち込めるキャリーバックを選ぶ

 

何故、機内に持ち込めた方がいいのか。

 

理由の一つは
旅行で飛行機を利用する際、荷物を受け取る時って
意外と時間がかかりますよね。

 

なかなか自分の荷物が出てこなくてイライラすることも。
そんな時、機内に持ち込んでいたらラクですよね。

 

それともう一つ

 

海外旅行で使う場合、荷物だけ別の所に行ってしまって
空港で何時間も荷物が戻ってくるのを待つことが
たまにあります。

 

なので

 

そうならないために、機内に持ち込めるサイズを購入しておく事を
おすすめします。

おすすめはハードタイプ

キャリーバッグの布製は、安いけれど
タイヤが壊れやすいのです。

 

旅先で壊れてしまうとかなり大変ですよね。

 

雨や足場の悪いところで使い勝手も悪いので
キャリーバッグは、ハードタイプのものをおすすめします。

 

中学の修学旅行では、考えなくてもいいことですが
先々も使うことを考えれば、大切な事です。

 

 

TSAロック搭載のキャリーバッグ

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局(TSA)によって
認められたカギのことです。

 

通常、飛行機に荷物を預ける際は
中身を確認できるようロックをかけてはいけないのですが
TSAロックであればカギをかけて荷物を預けることができます。

 

「安全性」を考えると、
TSAロック搭載のキャリーバッグを選びましょう。

 

 

 

まとめ

空の圧縮袋を、バッグの片隅に入れておくと
便利です。

手で簡単に圧縮できるようになっています。
スキマができて、お土産などが入れやすくなります。

スキマができて、お土産など入れることが
できると思います。

自分にぴったりのバッグを選んで
修学旅行を楽しんでくださいね.

 

 

スポンサーリンク