大切なお友達の結婚式、出逢いも期待して
思いっきり、おしゃれしたいですよね?

友達とも差を付けたいものです。
しかし、およばれドレスのマナーはあります。
しっかりマナーを守ってお祝いしましょう。

 

 

スポンサーリンク

友人の結婚式披露宴での服装は?

友達の結婚式や披露宴に着ていく服装
どんなドレスやワンピースがいいか、迷いますよね。

同世代の友達の結婚式となると
続けてある場合が、多いです。

 

そんな時、同じ服装ばかりって嫌ですよね。
何着も持っているのなら、別ですが
そうでないのなら、レンタル衣装をおすすめします。

 

 

友達の披露宴での衣装の選び方は?

衣装を選ぶにあたり、注意する事があります。
いくつかの選んではいけない衣装をお伝えします。

 

白いドレスは選ばない

白は花嫁さんのカラーです。

結婚式に着て行く衣装で
絶対避けなければいけないのは
「白色」の服です。

 

白は、花嫁さんのカラーなんですね。
純白のウエディングドレスや白無垢
「あなたの色に染まっていきます・・・」って事ですよね。

 

また、クリーム色やベージュ、シルバーなども
光り加減による見え方や写真に写った時に
白っぽく見えてしまうので
避けておくことをおススメします。

スポンサーリンク

 

肩出し露出の多い衣装は選ばない

極端に露出の多いセクシードレスは、昼間の披露宴ではやめましょう。
夜の披露宴ではOKなのですが
新婦より目立ってしまいます。

羽織れる物を用意しておき
露出を控えるようにしましょう。

 

毛皮やファーは選ばない

フォーマルな場では、ファーやアニマル柄、ヘビ・ワニの革の製品など
殺生を連想させるアイテムは選ばないようにしましょう。
お祝いにふさわしい、品のあるものがいいですね。

本物ではなく、フェイクであったとしても
動物殺生のイメージを与えるのでNGなのです。

 

黒いドレスはアレンジ次第でOK!

全身黒い衣装は、不祝儀で着用しますが
バックなどの小物や、明るめの羽織り物
華やかさを演出すれば、披露宴にふさわしくなります。

なので、その場合は黒のストッキングはやめましょう。

全身黒で、一連のパールのネックレスなんかだと
葬式をイメージさせてしまうのでNGなんです。

また、夏場であっても素足もNGです。
素足だと、カジュアルになってしまいます。
 

 

披露宴の衣装のまとめ

お店の店員さんがすすめても、
知識をちゃんと持っている人でなければ
間違った衣装をすすめてくる場合があります。

なので、しっかりと自分自身も知識を持って
衣装を選びましょう。

 

スポンサーリンク