咳が続くって、とってもキツイですよね。

熱がなくても熱が上がるような感じがしてきます。

 

そして、何故か連休だったり

病院が休みの時ほど、ひどくなる気がしますよね。

それでは、咳を止める方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

やっぱりうがいが効果的

 

うがいは、絶対にしましょう。

うがいよって菌だけではなく他の異物も体内から排出します。

うがい薬などは使う必要ありません。

 

ぬるま湯やお茶でうがいをしましょう。

お茶は殺菌効果があるのでお勧めです。

 

もちろん紅茶でもいいですよ。

紅茶は、お茶を完全発酵させた茶葉なので

カテキンの量が豊富だからです。

 

ビタミンC!はウルトラC!

ビタミンは粘膜の新陳代謝には欠かせず

ビタミンCやビタミンB2、B6は粘膜の形成とかかわりがあり

 

荒れた粘膜を回復させるのに効果があります。

スポンサーリンク

 

【ビタミンC】

レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類のほか

アセロラ、キウイフルーツ、トマト、グァバ、パパイヤ、ブロッコリー

イチゴ、カリフラワー、ほうれん草、マスクメロン、ブルーベリー、パセリ

などなど・・・

 

【ビタミンB2】

肉や魚などの動物性食品に多く含まれます。なかでもレバーは

1度に取れる量も多いので補給にはおすすめです。

うなぎやドジョウにも多いです。

 

【ビタミンB6】

にんにく・レバー・豚肉・まぐろ・さんま・さつまいも

 

積極的に食べてくださいね。

 

部屋を乾燥させないように

 

空気が乾燥すると、咳がよく出ます。

湿度が50%になると、ウイルスは約3%の生存率しかありません。

加湿器などを使って空気を乾燥させないようにしてくださいね。

 

  • 浴槽にお湯をため、浴室のドアを開けておく【換気扇はOFF】
  • しぼったタオルを部屋に干す
  • 霧吹きをして湿度を上げる
  • やかんのお湯を沸騰させる
  • 水をはった入れ物を部屋の片隅に置いておく

 

少しでも咳が和らぎ、ラクになりますように。

 

スポンサーリンク