大分県日田市、国の重要伝統的建造物群保存地区に

指定されている豆田町に行って来ました。

 

ここは、白壁の街並みが続き、

「九州の小京都」 と言われているだけあって

ちょっとタイムスリップしたような感じで

観光スポットとなっています。

スポンサーリンク

 

 

豆田町の白壁の街並み

 

銀行や、ジェラート等の洋風のお店までも白壁で

歩いていて、ワクワクしました。

 

“ 和 ” を満喫出来る空間で 着物を着て歩いてみたいですね。

 

日田の名産品の一つである“日田の下駄”が目立っていました。

女性用の色んな柄のかわいい鼻緒や、男性用の渋い柄など様々で

プレゼントしても喜ばれそうです。

 

着物が似合う街並なので下駄は、欲しくなっちゃいますね。

 

あと、食べ物屋さんでは「うなぎ」が目につきました。

ちょうどお昼どきだったので、皆さん並んでいました。

 

並ぶのがイヤで私は、うなぎを諦めましたが

老舗って、感じがとても素敵で

 

きっと美味しいんだろうなぁ・・・と

想像してしまいました。

 

 

まぁっ、次回に期待して・・・!

スポンサーリンク

(食べた人いたら、感想聞かせてくださいな(*^_^*))

 

豆田町は観光スポット

 

「豆田町ガイド付き町歩きツアー」

と、いうのもあるみたいで、

 

2名様からの受付らしく、

 

60分コース ⇒ 1,200円

90分コース ⇒ 1,700円

120分コース ⇒ 2,000円   と、あります。

 

【天領日田資料館】 ➜ 【廣瀬資料館】 ➜ 【日本丸館】

➜ 【薫長酒蔵資料館】 ➜ 【天領日田資料館】

 

をまわるみたいです。

 

(お申込みは、日田市観光協会まで ☎ 0973-22-2036)

 

どこでもそうですが、やっぱり

その土地の事、ちゃんと勉強して

知識をもって行くのと、何でもなく行くのとじゃあ

面白味も感情の入り方も違ってきますよね。

 

日田市豆田町へのアクセスは?

◆ 場 所:〒877-0005  大分県日田市豆田町11

◆ 交通アクセス:日田駅から徒歩で15分 、日田I.Cから車で5分

 
>>日田市豆田町の詳しい説明はこちらから
 

今日は、軽く見てまわっただけなので

次回は、もっとゆっくり見てまわりたいと思います。

 

“ 和 ” の空間でちょっと、おしとやかになった私でした。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク