お正月には、家族で『お節』を囲んで新年を祝う。
なんて、家庭もだんだん少なくなってきているみたい。

昔は、三が日はお店が開いてなかったから
『お節』って、必要でしたよね。
今は、初売り1日からですもんね。

そんなお節料理ですが、正月に食べる意味がちゃんとあります。
お節の意味と、美味しいおすすめのおせちを
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

お節料理の食材の意味は?

先ずは、お節と一緒にいただくお酒から

【お屠蘇】
お屠蘇は、「飲む」と言わず「お屠蘇を祝う」と言い
元旦に、祝いの料理を出す前に祝います。

正月の雰囲気を「お屠蘇気分」などと言ったりしますね。
正月に飲む酒一般をお屠蘇と思われていますが
本来は中国に古くから伝わる無病息災、不老長寿を願う薬酒のことです。

 

【黒 豆】
豆に陰日向なく働く意味の「まめ」と
達者で健康な意味の「まめ」をかけて、誠実に健康で
過ごせるようにという縁起ものです。

 

 

【田作り】
昔、ごまめを田んぼの肥料にしたことから「田作り」と呼びます。

 

 

【数の子】
数の子は、にしんの卵ですが
あやかって、「二親(にしん)」からたくさんの子供が
生まれるようにと、子孫繁栄を願う縁起ものです。

 

【たたきごぼう】
ごぼうをたたく事を開くと表して「開きごぼう」とも言い
運が開けるという縁起ものです。

 

【三肴(みつざかな)】
元旦に雑煮をいただく前に
一年の無病息災、多幸を祈ってお屠蘇で祝う、その時の祝い肴で
おせち料理の柱とのいうべきもの。

※ 関東では、「黒豆・田作り・数の子」
※ 関西では、「田作り・数の子・たたきごぼう」の組み合わせを言います。

 

【二色卵】
二色に「錦(にしき)」をかけて「錦卵」の字を当て、金銀の錦織りなど
豊かな暮らしを願う縁起ものです。

 

【柿なます】
大根は純白な色から神聖な野菜とされ、人参の赤い色は魔除けの色。
その紅白の組み合わせは、安泰を意味するめでたい縁起ものです。

 

【昆布巻き】
昆布は「よろこぶ」に通じるめでたいもので、それを巻いた昆布巻きは
巻物(昔の書物や絹織物)にちなんで豊かな暮らしを願う縁起ものです。

スポンサーリンク

 

【巻きえび】
えびは「海老」と書くように、長い髭と曲がった姿から長寿の老人を思わせ
色もめでたい赤で、延命長寿を願う縁起もの。

殻に包まれた姿を鎧甲に身をかためた武士に見立てて
武家が好んで祝いに用いました。

 

【うま煮】
「煮染め(にしめ)」ともいい、旬の滋養豊かな芋や根菜などを
煮て合わせます。祝い事にも弔事にも人が集まる時には
必ず用意された伝統的な行事料理のひとつです。

 

お節料理には、それぞれ色んな意味があるんですね。
ひとつ、ひとつその料理の意味を思い、
幸せを願いお節を楽しんでくださいね。

 

お節はどうして正月に食べるの?

お正月は、家族全員が新しい年を迎えれたという
めでたい日です。

 

昔は数え年で年齢を数えていたためで
数え年では元旦の日に年をとるように数えていたんですね。
お正月を迎えると、一つ歳をとるわけです。

 

なので、家族全員の誕生日でもあるわけです。
そんなめでたいお正月に、家族揃って食べるおせち料理や雑煮は
上記のように、どれも縁起の良い物です。

 

また、お正月に初日の出と一緒にやってくる神様

年神様へお供えするのがおせち料理なのです。

 

おせち料理は、日持ちの良いものです。
年神様を迎え入れた後に、台所で炊事をしてはいけないから
三が日は、お節を食べるのです。

 

また、縁起を重ねるので重箱の中に入れられます。

 

 

美味しく豪華なおすすめのお節は?

毎年、リピーターも多く
一番の人気のおせちは、「博多久松」のおせちです。

 

 

 

美味しく、豪華なうえに
雑煮のプレゼントもついています。
一度注文したら、毎年欲しくなるお節料理です。

 

買った伊達巻は甘すぎて美味しくない!簡単美味しい伊達巻の作り方!

 

 

スポンサーリンク