梅雨に限らずお風呂のカビは発生し
しかも根強いですよね。

黒やピンクのカビたちを見るだけで
気持ち悪くなってしまいます。

それに、体にも影響してきます。
そこで、お風呂のカビを生やさない為の
簡単予防対策と、天井などの届きにくいところの

カビを落とす方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

梅雨時のお風呂の簡単カビ予防対策は?

予防の前に、先ずは「今あるカビ」を
全部落としてしまいましょう。

 

大変かもしれませんが

カビって、どんどん繁殖していきますし
とっても根強いので、しっかり根絶やし

しなくては、なりません。

 

では、簡単にカビを取る方法です。

お風呂場のカビの取り方

【表面だけをちょっと落としたい時】

赤ちゃんをお風呂に入れるから
強力なカビ取り剤を、今は使いたくないの。

っていう、安全志向の場合は
お酢と重曹を使ってみましょう。

 

やり方は、普段のお風呂お掃除をした後
乾いた状態で、行ってください。

 

酢スプレーを作る(酢1 : 水2)

 

1.気になるカビに酢のスプレーをふりかける。
2.その上に重曹をぬり、また、酢スプレーをかける
3.少し(1時間くらい)放置しする。
4.布でふき取り、さらに酢スプレーを吹き付ける。

 

【カビを根絶やしにしたい場合】

安心安全と言うより
とにかく、カビを除去したいと
言う場合は、やっぱり市販の
強力カビ取り剤を使用しましょう。

 

この時、換気はしておきましょう。

スポンサーリンク

泡タイプですと、そのままでもいいですが
しっかり、ピンポイントのカビを落とす場合は
洗剤を付けた後にキッチンペーパーを貼り付け
ておくと、いいようです。

シップみたいにするんですね。

 

一気には、取れない場合もありますので
繰り返しやってみましょう。

 

お風呂のカビを簡単に予防する

上記を参照に、カビを取った後の予防法です。

 

1・入浴後はお湯を抜く

お風呂に入り終わったら、
浴槽のお湯を抜いて、換気をしましょう。
お湯が残っている場合はフタをしてくださいね。

 

2・冷たいシャワーをかける

カビは皮脂や石鹸カスを栄養にして繁殖します。
入浴後は、床や壁などに
冷たいシャワーをかけて洗い流しましょう。

この時、熱めのシャワーで流してから
さらに冷水をかけると湿度を一気に下げるので
乾燥しやすくなります。

 

3・換気をする

入浴後は、換気扇を最低2~3時間まわします。
窓を開けて回すと効率が下がるので
必ず締めて、換気扇をまわしましょう。

窓がある場合は、その後窓を開けます。
床についてる水滴がなくなるまでしっかり乾燥させます。
私は、使った後のバスタオルで拭いたりします。

 

届きにくい天井のカビは?

市販の強力カビ取り剤を
直接天井に振りかけると
ポタポタと落ちてきて
かかってしまいます。

 

天井には、もしもかかっても大丈夫な
お酢スプレーと重曹を使いましょう。

 

手が届かないので大変な時は
椅子などに乗ると危ないですので
モップなんかを利用しましょう。

 

私は、クイックルワイパーを
使っています。

 

お風呂のカビのまとめ

カビがあるお風呂で、呼吸すると
体に悪いと聞いた事があります。

しっかりと、対処しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク