夏休みは、子供を連れて水族館へ!と
考えている方は多いのではないでしょうか?

そこで大分県にある
マリーンパレス水族館「うみたまご」

同じく大分県の津久見市にある
「つくみイルカ島」
どちらに行くか迷われている方へ
違いとそれぞれの特徴を
お伝えします。

スポンサーリンク

大分のうみたまごとつくみイルカ島の違いは?

つくみイルカ島はうみたまごの関連施設ですが
2つの距離は、高速道路(大分IC~津久見IC)を利用して
約1時間ちょっとかかるくらい離れています。

なので、1日で2ヶ所を回ろうとすると
午前と午後とで、ちょっとハードかもしれません。

子供にゆっくり遊ばせるのなら
どちらかを選ぶ方がいいかもしれませんね。

 

マリーンパレス水族館うみたまご

イルカやセイウチ、ペンギンなどの哺乳類も見れるし
ショーなんかもあります。
特にセイウチのパフォーマンスは見どころですね。
また、その他の珍しい魚も見ることができます。

アマゾンの巨大魚「ピラルク」などの迫力のある
エサやりなど、滅多に見れないのでは
ないでしょうか?

 

お昼は、レストランが2ヵ所あります。
お弁当などを持ち込みで食べる場合は
外の芝生か、屋外のあそびーちでしか
食べる事はできません。

 

でも、再入場できますので
一旦、外で食事をして
戻って、また楽しむという事も可能です。
その場合は、また駐車場代がかかってしまいますね。

 

また、共同の駐車場で
高崎山のおさるさん見物もありますので
そちらの「おさる館」で食事をされても
いいかもしれません。

スポンサーリンク

おさるも見れて、子供は喜ぶのでは
ないでしょうか?

 

つくみイルカ島

やっぱり、1度は体験したいのが
”イルカとのたわむれ”ですよね。

よく、「イルカと泳ぐのが夢です」というのを
聞きますが、国内で体験できるので
嬉しい限りです。

 

その「イルカと泳ぐ」の体験は
4歳から大人まで、出来ます。
ウェットスーツも借りれて

4歳~7歳まで5,000円
8歳~大人は、8,000円です。

2017年7月からは改訂され
統一料金になり
4歳から大人まで全て8,000円と、なります。

泳いだ後は、シャワーを浴びたりなどしますので
時間をゆっくり取っておいた方がいいかもしれません。

体験時間は

11:30~
13:30~
15:30~  です。

夏休み期間は、それぞれ
前半と後半に分かれて開始されます。

予約は1時間前からできます。

また、電話やインターネットから
1ヵ月前からの予約もできますので
早めに予約をしておくと
参加者が多い時でも優先して楽しめると思います。

 

まとめ

以上のことを考えて
どちらに行かれるか、もしくは
どちらにも行くか、選んでくださいね。

 

スポンサーリンク