潮干狩りの季節がやってきました。
アサリの味噌汁、バター焼き、酒蒸しなどなど
美味しいし、

何よりも潮干狩りはとっても楽しいです。
でも、心配なのが「貝の毒」だと思うんですね。

この潮干狩りの時期に貝毒は大丈夫なのか?
貝毒を避ける方法や
注意点など、貝毒について詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

潮干狩りの時期に貝毒は大丈夫?

スーパーに行くと、アサリってだいたい年中売られていますよね。
なので、アサリは年中ある(いる)わけです。
ただ、最適な時期や時間帯というのはあります。

 

潮干狩りに最適な時期は?

潮干狩りに最適な時期は
2月の中旬~5月の前半、ゴールデンウィーク後
くらいまでが、アサリの旬の時期になります。

 

アサリは産卵期を迎える春が
一番身が大きく美味しいのです。

ただ、場所によっては
漁業組合が、アサリの赤ちゃん(稚魚)を海に放して
育てるんですね。

そういった所は、有料ですし
潮干狩りの時期も、限定されています。

 

私がよく行く潮干狩りスポットは
毎年4月21日解禁です。
アサリを掘っていると、組合の方が
500円を徴収に回ってきます。

その春の時期の中でも、海水がいっぱいだったら
掘る事ができませんよね。

なので、あさりを掘れるのは潮が引いた時になります。
特に、潮が引いている時間が一番長く、広くまで
引くのが「大潮」と、なります。

潮が引く時間帯が、深夜だったり
あなたが、行けない時間帯だとダメなので
潮が引く時間帯をしっかりと把握して
潮干狩りに行きましょう。

日本全国の潮見表 潮MieYell(しおみエール)
http://sio.mieyell.jp/
 

貝毒とはどんなもの?

「貝毒」とは、貝が持つ毒で
貝類が海水中の有毒プランクトンを食べることで
毒を蓄え、その貝を他の貝が食べて
どんどん毒が蓄積されます。

その毒が蓄積された貝を
人が食べると食中毒を起こすのです。

貝毒の種類は、
・麻痺性貝毒

・下痢性貝毒

・神経性貝毒

スポンサーリンク

・記憶喪失性貝毒

・アサリ毒

の5種類が主な貝毒と、なっています。

特に日本で発見されたのは
「麻痺性貝毒」「下痢性貝毒」です。

 

この貝毒なんですが
加熱しても、毒性は消えず
治療方法もありませんが、

下痢をした場合は
絶対に、下痢止めの薬などは服用せずに
全部、体外へ出してしまいましょう。

即効性のある治療方法がない貝毒は
酷い場合は、死亡するケースもありますので

アサリを食べた後、体に異常を感じたら
早めに受診するようにしましょう。

毒性をもつプランクトンが発生するのが
水温の上がり始める4月頃から5月頃の期間です。

なので、潮干狩りの時期で貝毒が気になる場合は
気温が上がる前に掘る事をおすすめします。
 

貝毒の注意点

潮干狩りで「貝毒」がとっても気になると思いますが

店頭で販売されているものや
漁業組合が、管理されている潮干狩りスポットでは

検査などをしてくれているので
「貝毒」は発生しないようです。

なので、潮干狩りは有料の海はイヤだ!
なんて、思わずにちゃんと潮干狩り料金を支払って
ちゃんとした場所で、貝堀を楽しんだ方がいいかもしれませんね。

また、インターネットなどで
漁業組合や自治体の出す情報をチェックして
規制が出てないか確かめてから潮干狩りに行くほうが
安心かもしれません。
 

 

潮干狩りによる貝毒のまとめ

貝毒のことをしっかり把握しておき、
異常を感じたらすぐに医療機関へ受診しましょう。

特に、子どもや高齢者には
気を付けてあげましょう。

スポンサーリンク