ちょっとレトロな街並みの山鹿温泉
とろっとろの美肌湯で
それはまるで、美容液のような温泉で
とっても安いのに素敵な温泉があります。

江戸期に藩主の休泊所として使われた
「御茶屋」から歴史が始まっている
市民に愛される温泉をご紹介します。

 

スポンサーリンク

PH9超えの山鹿温泉さくら湯

PH値、9.36のさくら湯は
入浴料300円と、安いのにとっても
素敵な温泉なんです。

近所の人たちが気軽に通う温泉です。
内湯が一つだけで、露天も無ければ
サウナも無いんですよ。

シャンプーもボディソープもありません。
シンプルな温泉なのに
何故か、いいんですよね。

 

やっぱり、お湯がいいからでしょうか?
トロトロの美容液につかっている感覚なのです。

温泉内は、レトロな絵の看板が飾られていて
ちょっぴりタイムスリップしたような感じが
ほっこりと温泉を楽しむことが
できるのかもしれません。

 

温泉の外にも中にも くまモン

熊本と言ったら、ゆるキャラのくまモンですよね。
さくら湯の入り口には
くまモンが温泉につかっている絵があって

温泉の中には、くまモンが立っています。
ずっと見張ってくれている感じです。
かわいいですよね。

 

スポンサーリンク

 

さくら湯の前には足湯

さくら湯の入り口の前には
飲める温泉水も、ありますよ。

また、
温泉の街「山鹿」では、公園のような所に
足湯もあります。

 

もちろん無料です。
温泉に足を入れて、読書したり
友達と行って、おしゃべりしても
いいですよね。

 

ちょっとぬるめのいいお湯です。
中には小石が敷きつめてあって
歩くとつぼを刺激して
疲れも癒せると評判です。

 

飲める温泉水も、ありますよ。

また、「薬師堂」もあります。
昔温泉が枯れてしまった時に、建てたようです。

 

なんでも、温泉の神様がいらっしゃるそうですね。
ご本尊の薬師如来座像をはじめ
日光菩薩・月光菩薩。

 

温泉復活の大恩人、宥明法印像もあり
見どころ満載のスポットです。

 

 

さくら湯のまとめ

安くて、何もないけど
お湯で勝負!って感じで
本当にいいお湯でした。

美肌効果で、とくに女性に大人気のようですね。

 

 

スポンサーリンク