香典返しは、葬儀や告別式で
香典を頂いた方へ
「無事に法要が終わりました」という報告を兼ねた
お礼として渡す品物です。

香典返しを贈るタイミングと
相場の金額、のしと水引について
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

葬式の香典返しはいつ渡す?

本来「香典返し」は、弔事を無事に終えた報告を
兼ねるものですので、四十九日が過ぎた後の
忌明け以降に贈ります。

神式やキリスト教式でも
仏式になやって、同様の香典返しにあたる品を
用意するようです。

 

また、最近では、葬儀当日に
会葬御礼とともに、香典返しとして
一律同じ品物を持ち帰っていただき

特に高額の香典を頂いた方には、後日改めて
それにふさわしい、品物を贈るという方法も
増えてきています。

 

※地域によって、習慣の違いがあるため
相談されてもいいかもしれません。

 

 

香典返しの品と相場の金額は?

伝統的なマナーとしては
「使ってなくなるものを贈る」と、されていて
お茶、海苔、コーヒー、タオルなどが一般的です。

 

香典返しの目安は、いただいた額の半額とされています。

 

※一家の働き手が亡くなり、母子家庭などになった場合は
1/3程度でもいいようです。

 

法要の引出物の場合は、参列者全員に
一律、2,000円~5,000円程度のものが
一般的とされています。
原則として、お持ち帰りしていただくので
かさばるものや重いものは、避けた方がいいでしょう。

 

 

香典返しののしと水引は?

のし紙の水引は、一度きりで
繰り返したくないものですので
「黒白の結びきり」です。

 

表書きは、「志」が一般的です。
これだと、宗教を問いません。

 

関西から西日本では、「黄色と白の結びきり」で
「満中陰志(まんちゅういんし)」や「忌明」と
する場合もあります。

 

ちなみに私は福岡県ですが
父の香典返しは「満中陰志」を使いました。

スポンサーリンク

 

神式やキリスト教式では、表書きを「偲び草」と
する場合もあります。

 

※地域や、宗教によって違いがありますので
相談されたらいいと思います。

 

 

 

まとめ

慣れないことなので
色々と大変です。
一人で背負わず、相談できる人に
相談しながら、すすめていきましょう。

 

スポンサーリンク